君の膵臓をたべたい 感想ネタバレ考察ブログ

君の膵臓をたべたいを読んだ感想をまとめています。ネタバレもありますので注意して読んで下さいね。

君の膵臓をたべたい この作品から学べる、大事なこと

まんが王国

漫画の無料試し読みはこちら♪

 


 

内気で周りとの交流をなかなか図らない主人公「ぼく」と膵臓に病気を患わっているのに積極的で周りのみんなから慕われるようなムードメーカーなヒロイン山内さんが繰りなすストーリーになっています。

 
性格は真逆で、下手したら一生関わることない2人ですが、ひょんなことから出会うことになります。

 

お互いの性格や考えを刺激しつつ(上手に関係を築いていきます)山内さんの最期までを過ごします。

 

ヒロイン山内さんは家族に愛され、親友にも心から慕われ、周りの友達からも信頼を得ているのに(だからこそかも知れませんが…。)自分の病気のことについては本音で話していませんでした。

 

そこで登場するのが『共病文庫』という文庫本のようなノートに彼女の本音を書き綴っていました。

 

ラストに主人公「ぼく」がこの『共病文庫』を読むシーンがあります。

 

涙を流さずにはいられないシーンになっています。

 

彼女が過ごす1日の中で、あの時、この時どのような想いであったのか振り返ることができます。

 


もし自分が寿命僅かな病気に侵されてしまったら…と仮定して見た時、果たして彼女のように明るく振る舞うことができるでしょうか?と質問されているようなストーリー展開でもあります。

 

『人生は1度きりしかない』ということに、気付かされる作品でもあります。

 

そう考えた時、『人生が1度きり』なんて誰もが周知している事実で当たり前なことかもしれません。

 

しかし、この本のラストで、呆気なく人生なんていつでも簡単に終わってしまうこと、毎日をただ、ぼーっと過ごして過ぎ去っているものではないことを学ばせてくれます。

 

毎日はどんな人にも平等に与えられている時間だけれども、1日1日が本当はかけがえのない大切な時間であることを改めて感じさせてくれる内容の本です。

 

この本は1度だけでなく何度も読み返すことのできるもので、毎日の新たな発見にもなる作品だと思います。

 

筆者である住野よるさんの表現方法や世の中への捉え方などにきっと惚れてしまい、ファンになるきっかけとなります。

 

ぜひ読んでみてください。

 


 

君膵は、実はあなたが思っている以上に謎だらけの作品です。

君の膵臓をたべたい 題名の意味って?!

ネタバレしちゃいます♪(閲覧注意)

君の膵臓をたべたい 文庫版の感想

君の膵臓をたべたい 彼女の笑顔と言葉の意味の重さ  

 


 

内緒の話ですが、実は漫画のほうが感動すると友達に言われました。

 

   

漫画版の内容も衝撃的です!!是非試し読みして下さいね。(無料)

無料試し読みはこちら♪ まんが王国サイトへ

パソコンの方はコミックシーモアで読めます。

 


 

話題の君の名が見れる。(*^^*)

無料トライアル中!!

なんと31日間無料!!

▼ ▼ ▼

 


 

test