君の膵臓をたべたい 感想ネタバレ考察ブログ

君の膵臓をたべたいを読んだ感想をまとめています。ネタバレもありますので注意して読んで下さいね。

君の膵臓をたべたい 親友の恭子の存在

スポンサードリンク

 


 

 

主人公「ぼく」と仲良くなる山内さん(この彼女が病を患わっているのだけど)の親友でストーリーの中でちょこちょこ出てくるのが「恭子さん」です。

山内さんにとって大事な親友で共病文庫(彼女が病気と向き合って書いている日記)にも登場している人物になります。

 

山内さんにとって心配をかけたくない大切な人であり、恭子さんにとっても山内さんがどれだけ大事な人であるのか分かる関係がこの本の中では描かれています。

ストーリーの中で、主人公の「ぼく」と旅行に言ってしまう山内さん。

もちろん主人公の「ぼく」は目的地も知らず連れ回されるという結果での旅行になりますが…。

この旅行を誰と行くのかを家族には親友の恭子さんと行くとウソをついてしまうのです。

それを連絡板で恭子さんは知ることとなり、知るや否や大激怒で山内さんに電話してくるシーンがあります。

大激怒していた恭子さんですが、山内さん家族に迷惑をかけないように口合わせをしてくれてからの親友を怒るという行動に出ています。

山内さんへの愛が感じられるシーンのひとつでもあります。

このような行動にでた恭子さんと山内さんの間には見えない強い絆があるからこそだと思います。

また、主人公「ぼく」と山内さんが妙に仲良しなことにも山内さんのことを想うからこそ「ぼく」に不信感を持ちます。

後半の病院での山内さんと主人公の「ぼく」と恭子さんのやり取りは思わず笑ってしまうような面白い場面もあります。

オススメなので楽しんでてください。この本のラストで「ぼく」と恭子さんの関係がどうなったのか描かれている部分もあり、山内さんと恭子さんの熱い友情を感じ取ることも出来ます。

映画でのラストはもっと2人の絆が刻まれていることでしょう。

 


 

君膵は、実はあなたが思っている以上に謎だらけの作品です。

君の膵臓をたべたい 題名の意味って?!

ネタバレしちゃいます♪(閲覧注意)

君の膵臓をたべたい 文庫版の感想

君の膵臓をたべたい 彼女の笑顔と言葉の意味の重さ  

 


 

   

漫画版の内容も衝撃的です!!是非試し読みして下さいね。(無料)

漫画の無料試し読みはこちら♪

パソコンの方はコミックシーモアで読めます。

 


スポンサードリンク

 

test