君の膵臓をたべたい 感想ネタバレ考察ブログ

君の膵臓をたべたいを読んだ感想をまとめています。ネタバレもありますので注意して読んで下さいね。

君の膵臓をたべたい この作品から学べる、大事なこと

スポンサードリンク // 内気で周りとの交流をなかなか図らない主人公「ぼく」と膵臓に病気を患わっているのに積極的で周りのみんなから慕われるようなムードメーカーなヒロイン山内さんが繰りなすストーリーになっています。

君の膵臓をたべたい 縁のある学校や旅行先という聖地について

スポンサードリンク // 「君の膵臓をたべたい」では主人公「ぼく」とヒロイン山内さんが親に内緒で弾丸旅に出るシーンがあります。 日頃、主人公「ぼく」とデートするときも結構行先は思いつきだったり弾丸なのですが…。

君の膵臓をたべたい 読み終わってこの本から学べたこと

スポンサードリンク // 題名からは誰も想像できない感動のストーリーになっています。 主人公「ぼく」とヒロイン山内さんの関係性がページをめくるごとに深まっていきます。

君の膵臓を食べたい 彼の名前と彼女の名前について

スポンサードリンク // この作品の面白い部分はまず、主人公「ぼく」のなまえが本のラストまでなかなかフルネームで出てこないところです。 普通の本であるならば、名前が最初のページまたは冒頭で紹介されるケースが多く、登場人物に対してもわかるはずのも…

君の膵臓をたべたい 実写化になった!実はまだ行けていません♪

スポンサードリンク // 私が一目惚れして購入したお気に入りの「君の膵臓をたべたい」がついに実写化するとSNSで発見した時、「絶対に観に行く!」と大声で1人、家で叫んでしまったほどこの日を楽しみにしていました。

「君の膵臓をたべたい」のネタバレしちゃいます♪

スポンサードリンク // 「君の膵臓をたべたい」のネタバレしちゃいますので、知りたくない人は閲覧注意です。

君の膵臓をたべたい 通り魔事件について

スポンサードリンク // この物語りでヒロイン山内さんは自分の病気と真正面からひたすらに向き合っている様子が描かれています。 また主人公の「ぼく」と出会うことで病気と自分の生と最後まで対立し、自分のしたいことを優先し、彼女なりに『前向き』(おそ…

君の膵臓をたべたい 親友の恭子の存在

スポンサードリンク // 主人公「ぼく」と仲良くなる山内さん(この彼女が病を患わっているのだけど)の親友でストーリーの中でちょこちょこ出てくるのが「恭子さん」です。 山内さんにとって大事な親友で共病文庫(彼女が病気と向き合って書いている日記)にも登…

君の膵臓をたべたい 彼女の笑顔と言葉の意味の重さ

スポンサードリンク // 名言を紹介して行きたいと思いますが、まずこの本「君の膵臓をたべたい」を読まれた方なら必ず頭の中に残るフレーズ(?)があります。 ヒロインの彼女である山内さんの笑い声です。

君の膵臓をたべたい 題名の意味って?!

スポンサードリンク // 本屋さんや、映画館、CMで題名だけを目にしたら最初の印象というのは「オカルト?」「怖い物語なのかな?」と勘違いされてしまいそうです。 また、実際に知り合いにこの物語をまずは本で薦めてみました。「この本、本当にに泣けて感動…

君の膵臓をたべたいの本に登場する彼とは誰なのか?

スポンサードリンク // 「君の膵臓をたべたい」の文章中には、謎がたくさんあります。 その中でも第一に読者の皆さんが気付かれることでいうと主人公の「ぼく」の名前が最後まで明かされないことです。

君の膵臓をたべたいを読みましたが、どうして膵臓なの?

スポンサードリンク // とくに小説の内容自体に疑問を感じた部分はなかったのですが、やはりタイトルになった「すい臓」はどういった臓器なのだろうかと気になりました。 心臓や脳、肝臓や腎臓ではなくあえてあまり聞きなれないすい臓という臓器を題材にした…

君の膵臓をたべたいを読んでの不思議。今の学校事情について。

スポンサードリンク // 誰も友達がいなくても今の学校は成り立つのかと不思議に思いました。 学校は集団生活の場だから嫌でも他人と関わり合わなければ行けないのに、色も形もわからない意識されない子供が存在するんだろうか、と。

君の膵臓をたべたい 文庫版の感想

スポンサードリンク // 軽いタッチの書き出しに用心しながら読み進めましたが(軽い内容ならがっかりと思いまして)まず、病院で「共病日記」を見つけるところと、それを見つけた『僕』にあっけらかんと「それ私の」と声をかける彼女の関係から重さが無くて…

君の膵臓をたべたいを読んでみての感想と【】の疑問について♪

スポンサードリンク // ■感想と印象に残ったこと 山内桜良ちゃんの笑い声がこの小説の中にはたくさん表現されていて彼女が人生を全うするまでにたくさんの笑顔があったんだなと思うのと同時にうわはは!って笑う声が余韻としても心の中にも残りました。

test